FXトレードルールを決めよう

FXで勝率を上げる為に
マイトレードルールを作る

FXで勝率を上げる為に「自分のトレードルール」を決めておこう
自分のFXトレードルールを決めて!
自分でトレードルールをつくり、同じミスを繰り返さないようにし安定した取引を行いましょう。

ポイントとしては...

トレードスタイルを決める、エントリーポイントを見極める、損切りポイントを決めるなど...

どのようにトレードするのか具体的に決めずにエントリーしていては、利確・損切りポイントが不確定になり、いつか大損してしまう可能性があるので 自分に合ったトレードスタイルを勉強しましょう!

エントリーポイントは、良いタイミングでエントリーできるかで損益が決まります。

エントリーしたタイミングが良ければ含み益になりますがタイミングが悪いと含み損のまま終わってしまいます。

FXで一番多い失敗は「損切りができず、ロスカットにあう」と言われています。

損失を出したくない気持ちはわかりますが、損切りして次のトレードに繋げるほうが賢い取引手法です!

損切りポイントを守ると損失を少なく抑えられます!

シンプルかつ着実に取引していくためには、まずは自分の決めたルールに沿ってトレードすることが大切です。

まずは、少額でOKな口座を開設し徐々に投資額を増やしていきましょう。
まず初めに損切りラインを決める!
損切りラインを決めよう
FXで何よりも大事なのは損失を最小限にする事です

FXは投資であるため常に利益を上げ続けるということはあり得ません。

利益が出る時もあれば損失となる場面もあります。大事なのは損失時の額を最小限に抑えてトータルできちんと利益を出すことです。

そのために取引をする前にあらかじめ許容する損失を決めておいて、そのラインを割ったら確実に損切りをする事です。

だらだらといつか戻るはずと考えるのが失敗のもとです。

逆指値注文を入れておくと便利
逆指値とは損切り注文をあらかじめ入れておく設定が出来る注文方法です。

自分が許容できる範囲外に相場が動いたら自動的に損切り決済をする設定を入れておくことでダラダラと含み損を抱えた取引を継続することを防げます。

FXでは資金が無くなりそうになると自動的に発動する「強制ロスカット」がありますが、これが発動したときはもう資金が残り少なくなってる場合が多いです。(設定により変わります)

失敗しても資金余力を残してすぐに次の取引に移れるように、FX取引をした時は必ず注文ごとに逆指値を入れておくようにしましょう。

ちなみに指値注文という注文方法も存在します。

こちらは損切りとは反対、相場はこれくらい利益方向に動いたら決済をかけて利益を確保しておいてね、という設定が出来る注文方法です。
自分に合ったルールを決めてそれを守る強い意志が必要
強い意志を持とう
ルールを決めても守られなければ意味がありません。

実際にやると分かるのですが、損失時にはもう少しで戻るはず!という気持ちが、利益が出てる時はすぐに落ちるかもだから利確したい!という気持ちが物凄く出てきます。

ですが根拠のない「はず」や「かも」こそ失敗の原因です。

冷静でいられる取引前に決めたルールに従う意思を持ちましょう。

自動取引ツールもアリ
強い意思を持とうと思ってもなかなかうまくいかないのが人というものです。

どうしてもズルズルと取引してしまう方は自動売買ツールを利用するのもアリです。

最初に決めたルールに基づいて淡々と売買をするので感情に左右されることがありません。

売買判断をする必要がないので取引にかかる時間も大幅に軽減されるので、試したことが無い方は自動売買ツールも一度試してみましょう!
生活費で運用しない、レバレッジもあまり上げすぎない
レバッジとは
「少ない資金で、大きな金額の取引を可能にする仕組み」のことです。

FXが少ない資金で取引できるのは、差金決済という方法で「トレードで生じた差額(損益の分)」だけをやり取りしているからです。

手持ちのお金の何倍もの取引が可能になっています。

値動きでも利益の額が大きくなるということは、同じように、損失の額も大きくなるということです。

なので、レバレッジの数字にだけ注目するのではなく、そのポジションがどれだけの損失になる可能性があるのかを、事前に想定しておくことが大事です。

もし損失側に大きく動いても
国内FX会社では口座に入れた資金が無くなるまえに強制的に取引を終わらせて資金を守る「強制ロスカット」の仕組みを必ず導入しています。

レバレッジを大きくして損失側に動き過ぎたとしてもこの仕組みのおかげで資金は守られるので安心です。

但し、大きくし過ぎた&想定外の値動きが瞬間的に動いた、という場合は強制ロスカットが間に合わない可能性もあるので値動きが大きな通貨ペアで取引するときは注意しましょう。

海外FX業者に注意
金融庁の許可を受けていない海外FX業者は数百~1000倍もの高レバレッジを謳う所もあります。

ただこのような認可を受けてない業者とのやり取りはトラブルも多く、もし何かあっても国は助けてくれず自分で解決をしなくてはなりません。

レバレッジの高さだけで海外業者を選ぶのはやめましょう。
寝ている間や忙しい時はシストレに任せるのもあり
取引する時間を決めよう
FXは平日24時間取引が出来ますが、人が24時間取引し続ける事は出来ません。

長時間取引をすれば疲れが出て判断力が鈍り、思わぬミスの原因となります。

自分のライフスタイルにあった時間に集中して取引をしたり、シストレにお任せしてみたりと無理をしない取引環境にしましょう。

重要な経済指標の時間は把握しておこう
アメリカの雇用統計やGDP(国内総生産)発表など世界経済に大きな影響を与える指標が発表される時は為替も大きな変動をしがちです。

取引をするときは直近で何か大きな経済指標が発表されないか?を前もって調べておきましょう!
DMMFXへ登録