FX短期取引デイトレード

デイトレード・スキャルピング
FX短期売買法解説

FXデイトレード・スキャルピングとは
デイトレードとは
当日中に注文と決済を終わらせるスタイル。

1日数回の取引を行うのでスプレッド(売値と買値の差)が重要になります。

なるべくスプレッドが安いFX口座を利用しましょう。

またFX会社によっては取引が活発となる夜や逆に取引が少なすぎる早朝などの時間帯はスプレッドが表示されている数値よりも大きくなる場合があります。

デイトレードを行う際は表記されているスプレッドが「原則固定」である事を確認しておきましょう。

原則固定とは例外を除いて指定した時間帯はスプレッドが変わりません、という意味です。

指定した時間帯がいつなのかは注釈等で書かれているので、自分が取引を行おうと思っている時間帯が原則固定の時間内なのかもチェックが必要です。
スキャルピングとは
取引を一日の内に何回も繰り返すことで利益を積み上げていくスタイルでデイトレードよりも売買間隔が短いです。

大体数秒~1分内で売買を繰り返す場合はスキャルピングに該当します。

細かな利益を積み重ねていく手法で、一回の取引で得られる利益は少ないかわりに損失時も額が小さいので失敗をしづらい初心者向けの手法です。

但し売買回数が必然的に多くなり、FX会社のシステムに負荷を与える手法なので多くのFX会社ではスキャルピングを禁止しています。

またデイトレードのつもりが知らず知らず売買間隔が短くなりスキャルピング認定された!というケースも少なくありません。

あまりに頻度が多いと口座凍結のリスクもありますので、行う場合はスキャルピング容認を明示しているFX会社で始めるのが安心です。

デイトレードの基本的なイメージ
デイトレードやスキャルピングのイメージ
デイトレードもスキャルピングも細かく売買を繰り返すのでもし損失となっても大きな失敗になりにくいです。

またその日のうちに売買を主るようさせるのが基本なので、寝て起きたら相場が予想と逆に動いて大惨事になっていた・・なんて事態がありません。

デイトレードの場合はテクニカル分析を駆使しながら相場の動きをしっかりと予測して取引をするのがおすすめ。

慣れてきたら英ポンドのような変動が大きな通貨にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

FX会社の中には多種多様なテクニカル分析を自動で行ってくれて見やすく分析結果を見せてくれるツールを提供している所もあります。

ゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXトレードフィナンシャル)などが無料で提供してますので是非とも活用しておきたいツールです。(口座を開設すれば無料で使えるので必ずそこで取引しなくてはならないということはありません。)

スキャルピングはデイトレードよりもさらに売買間隔が短いのでチャート図から次の瞬間を予測&決断する判断力が試されます。

特に損失時に動いた時に瞬時に損切り決断ができるかが成功の可否となります。

人は損失時はズルズルと判断を先延ばし、利益時は少なくてもすぐに利確したがるものなので常に損切りの意識を持つようにしましょう。
デイトレ向けの口座
デイトレード向けの口座は
デイトレードで万全の態勢をとるなら複数の口座を持っておくと良いです。

まずは調査分析用の口座。

外為オンラインのみんなの売買状況が分かる「ディールスコープ」などFX会社が独自に提供しているツールを調査用に活用しましょう。

また実際に取引をするときはスプレッドが低いFX会社を選びましょう。

デイトレードの場合頻繁に売買するのでスプレッドのちょっとした違いでも大きな差となります。

おすすめはFXブロードネット。

スプレッドが非常に安く、キャンペーンも充実しているのでデイトレード用にピッタリです。
調査用なら外為オンライン!
外為オンライン詳細はこちら外為オンラインに登録
トレード用ならFXブロードネット! デイトレード向きの通貨ペア
デイトレード向けの通貨ペアは
FX初心者の方はまずは「米ドル/円」で初めてみましょう。

世界で2番目に取引量が多い通貨ペアなので為替変動も緩やかで、FX取引に慣れるにはもってこい。

取引量世界1位は「ユーロ/米ドル」ですがやはり日本円が絡んだ通貨ペアの方が取引しやすいですよね。

ただ前述したとおり「米ドル/円」は変動が緩やかなので慣れてくると物足りなく感じるかもしれません。

FX取引に慣れてきた方向けなのが「英ポンド/円」です。

英ポンドはメジャー通貨でありながら為替変動が大きいのでデイトレ向けです。

但しレバレッジを高め過ぎるとちょっとの変動で簡単にロスカットされてしまいかねないので注意しましょう。
デイトレに適した時間帯
デイトレードに適した時間は?
特におすすめなのが世界三大市場のロンドン市場とニューヨーク市場が同時に空く時間帯です。

日本時間では大体21時~深夜の2時あたりです。

この時間帯は取引参加者も多く為替が活発に動きますのでデイトレードに最適な時間帯です。

ちなみに三大市場のあと一つは東京市場です。

東京時間で練習、というのもアリ
東京市場が開いている時間帯を東京時間と言います。

この時間帯は相場に影響を与えやすい欧米の経済指標もなく、比比較的変動が緩やかな時が多いので、FX初心者の方はこの時間帯を利用してデイトレード練習をしてみましょう。

解説スイングトレード