FX中期取引スイングトレード

FXスイングトレードとは?
中期取引で勝つコツ・手法

FXスイングトレードは大きめ利益を狙う中期取引、数日間で売買を完結させる
FXスイングトレードとは
デイトレードの様に常に取引画面を注視する必要がなくのんびりと取引できるのがスイングトレードです。

1日~数日単位の期間で売買する手法で普段は相場のチェック程度。1日5分程度の時間があれば十分です。

相場をチェックしながら利益となるタイミングをゆっくり待って売買します。

比較的長めの期間取引をしてる状態になるので相場の先読み力が必要となります。

テクニカル分析はもちろん、今後どのような重要な経済的なイベント(経済指標)があるかもチェックしておきましょう。

また土日はFX取引は出来ませんが為替自体は動いています。

慣れなううちは週末になる前に取引を完了しておくようにしましょう。

取引が出来る日時を確認しておこう
FXは土日は取引が出来ませんが、「土日」の定義に注意が必要です。

世界中で取引されているFXは時間もグローバルなので取引時間は時差を考慮しなければなりません。

FX取引が出来るの大体月曜日の朝7時~土曜日の朝7時までです。
スイングトレード向けのFX口座
スイングトレード向けのFX口座は?
デイトレード程ではありませんが売り買いをそれなりにするのでスプレッド(取引手数料)の安さには注目しておきましょう。

例えばFXブロードネットは取引手数料が安く、スワップポイントも高めなので短期と長期の間のスイングトレードにピッタリのFX会社です。
FXブロードネットは手数料が安いのにスワップポイントが高い会社 スイングトレードでFXおすすめの通貨ペアは?
通貨ペアとは
売買する2ヵ国の通貨の組み合わせを意味します。

米ドルと日本円の通貨ペアの場合は「米ドル/円」というように、「/」で区切って表記します。

左側を「基軸通貨」、右側を「決済通貨」と呼んでいて日本円とペアになっている通貨は16通貨あります。

「基軸通貨」とは、「決済通貨」を取引する際の基準として位置づけられている通貨のことです。

1通貨単位の基軸通貨で、どれだけの決済通貨と交換できるのかをレートで示すことになります。

FXでは世界中の国の通貨を取引できるわけではなく、世界でも人気の通貨をペアにしてます。

FX会社によって違いますが大体10通貨程、ペアで20通貨ペアほどを取り揃えている会社が多いです。

ちなみに国内FX会社では「ヒロセ通商」が大体50通貨ペアほどで突出して多くなっており、スウェーデンクローネやシンガポールドルなど他ではあまり採用していない通貨を多く取り扱っています。
FX取引を始めたら損切り設定を忘れずに行うのがスイングトレードの鉄則
スイングトレード時は損切り設定を
比較的長い期間で売買をするスイングトレードの場合は取引画面を見ない時間の方が圧倒的に多くなります。

そのため見ていない時に思わぬ損失方向の変動が起きてしまう可能性があります。

そんな時でも慌てないように取引を介したら必ず損切り設定をして、予期せぬ損失時にも資金管理がしっかりできる状態にしておきましょう。

損切り設定とは「もし相場が○○円になったら取引を終わらせておいて」と予め予約をしておく注文で「逆指値注文」と呼ばれる注文方法です。

また逆に見ていない時に大きな利益チャンスがあった!という場面も度々発生します。

そんなときの為に逆指値注文と一緒に「指値注文」も行っておきましょう。

こちらは「もし相場が○○円になったら利益確保のために決済しておいて」と予め予約しておく方法です。

この2つを取引ごとに設定しておくことで相場を見ていなくてもチャンスや損失場面にきちんと対応することができます。

慣れてきたらもっと高度な方法も
「指値」や「逆指値」はすでに取引を始めたものに対して設定するものです。

相場の動きによっては見ていない時に取引を開始すべきだった、というタイミングも存在します。

FXの注文方法の中には「相場が○○円になったら取引を開始して、△△円になったら利確、逆に□□円になってしまったら損切りして」と言った注文方法もあります。

こういった高度な注文方法を使いこなすことで、手間も時間もかけずに効率的に利益を目指すことができるようになるので、慣れてきたら色々な注文方法を試してみましょう!
解説長期取引

FX入門解説漫画

1話 FXとは? 2話 デモトレード 3話 小額から取引 4話 自動売買 5話 無料セミナー 6話 口座開設の仕方 7話 FX会社紹介 8話 複数口座 9話 タイプ別FX取引 10話 短期取引 11話 中期取引 12話 長期取引 13話 取引ルール 外為オンライン